>>サイトマップ  新百合ヶ丘の歯医者、浜地歯科医院
ロゴマークロゴマーク

お問合わせ044-954-0045

トップページトップページクリニック概要ページへクリニック概要ページへドクター・スタッフ紹介ページへドクター・スタッフ紹介ページへ浜地歯科医院のこだわりページへ浜地歯科医院のこだわりページへ保険治療と自費治療の違いページへ保険治療と自費治療の違いページへ費用・医療費控除についてページへ費用・医療費控除についてページへ

メイン画像

HOME > 保険治療と自費治療の違い

保険治療と自費治療の違い

保険での義歯新製作について

当院において、保険での義歯の新作製は、例外を除き、平成24年3月で終了とさせていただきました。

※例外とは、治療用義歯(噛み合わせを整える時に使う仮義歯)、止血用の仮義歯、清掃が自分で行えない方、生活保護、障碍(がい)者、一部負担金が免除されている方、局所および全身状態が悪く、インプラントが不可能な方とさせていただきます。

保険義歯を使わない理由

健康保険が適用される治療(介入)で使用する素材は、自費治療で使用するものと比較すると、粗悪なものが多いのが現状です。

特に、取り外しタイプの義歯は、素材の粗悪さゆえ、結果的に患者さんの歯、顎堤(がくてい)を痛めてしまう場合が多いのです。
以下の写真をご覧ください。

腐食して壊れた義歯
腐食して壊れた義歯

レントゲン写真

レントゲン写真

機能回復のため保険義歯を駆使して作り替えつづけて、結果的に溶けてしまった下顎骨(9年後)

以下のようなケースには積極的にインプラント治療をお勧めしています。

保険治療と自費治療の比較表

義歯の場合

 

保険適用

自費(保険適用外)

人工歯の色・形の種類

少ない

バリエーションが豊富で、天然歯に近い形状を実現できる

床の種類

少ない
多い

装着時の感覚

違和感を感じる場合がある 違和感がほとんどない

強度

少し劣る 優れている

かみ心地

食事によっては食べにくい物がある

より良くかめる


義歯を自費治療で行った場合の治療例はこちら>>

前歯の場合

 

保険適用(銀歯+プラスチック)

セラミック

天然歯との色の差

バリエーションが少なく、全く同じにすることは困難

バリエーションが豊富で、天然歯に近い白さを実現できる

変色

食事等で黄ばむ
ほとんどない

細菌の繁殖

繁殖しやすい ほとんどない

強度

硬い物を噛むと、プラスチック部分がはがれる場合がある 1300℃で焼き付けているため強度が高い

金額

保険が適用される

保険が適用されない

1本約4万円~10万円程度(部位による)


奥歯の場合

 

保険適用(銀歯)

セラミック

天然歯との色の差

銀色のため目立つ

バリエーションが豊富で、天然歯に近い白さを実現できる

2次的虫歯

なりやすい なりにくい

金属アレルギー

なる場合がある なることはない

強度

金属のため、強度は高い 1300℃で焼き付けているため強度が高い

金額

保険が適用される

保険が適用されない

1本約4万円~10万円程度(部位による)


前歯・奥歯の自費治療例はこちら>>

コラム

医院情報

お問合わせ044-954-0045

マップマップ大きい地図はこちら

■住所
〒215-0012
神奈川県川崎市麻生区東百合丘4-1-7
■最寄り駅から
小田急線新百合ヶ丘駅より
「聖マリアンナ医大」行きバス
「原店前」停留所前
■診療時間
午前 9:30~12:30
午後 14:00~16:00
   16:30~18:30
※土曜は17:30まで
■休診日 木曜、日曜、祝日